関西初!360°VRホラーアトラクション「おうちに行こう」が姫路セントラルパークに上陸。

おうちに行こう

 
こんにちは!メディア事業部です。

 
今回は姫路セントラルパークにて2021年4月29日(木・祝)からスタートする360°VRホラーアトラクション「おうちに行こう」をご紹介します。

 
関西初上陸の「おうちに行こう」を多くの方に楽しんでいただきたく、長期開催を予定! 姫路の方のみならず全国の方々にも体験していただきたいアトラクションになっています。

「おうちに行こう」とは?

 
VRゴーグルとヘッドホンをつけるとそこに広がるのは、夕暮れのお墓、誰もいない田んぼ道を走る無人電車、そしていつの間にか目の前に少女が立っている。そこから少女と一緒におうちに帰る恐怖の旅が始まります。少女との帰り道はエンディングが違う3バージョンあり、一度だけではなく何度も足を運んでしまいたくなるような内容になっています。

 
また日本で製作されるVRコンテンツでは珍しい360度3Dで製作されており、本当に自分がそこにいるかのような感覚になります。トップクリエーターが集結した恐怖の演出もさることながら、まるで一つのアトラクションに乗ったかのような感覚も味わえる次世代のコンテンツです。

 

日本最恐のホラー製作チームが集結!

 
「おうちに行こう」は「THE JUON/呪怨」で日本人初の全米興行ランキング1位を獲得し、世界のホラーを席巻する映画監督 清水崇と、映画「シン・ゴジラ」「進撃の巨人」のメイク・造型を担当した特殊造型の第一人者 西村喜廣が、世界で初めて監督コラボを行った本格ホラーエンターテイメントVR作品です。

 
さらに、特殊メイクのレジェンド百武朋、CG/VFX(視覚効果)の神と言われるスーパーバイザー鹿角剛が加わり、恐怖の世界を演出します。

 

姫路セントラルパークとアド広研が初タッグ!!

 
年間50万人の来場者を記録しているのにも関わらずガラガラだと言われていたことを逆手にとり「日本一過小評価されているサファリパーク」など自虐ネタが話題になった姫路セントラルパークとアド広研がタッグを組んで次世代コンテンツをお届けします。

 
今年のゴールデンウィーク期間中は、入場者数制限や窓口での入園券販売を中止するなど新型コロナウイルスの感染対策も取り組んでいます。入園券はコンビニ購入、もしくは電子チケットのみとなっておりますので来場の際はご注意ください。

 
「おうちに行こう」は遊園地エリアにあるバスターボム(4Dシアター)にて開催されます。赤い列車が目印となっていますので、VRホラーの最高傑作といわれるこのアトラクションを是非体験しに来てください。

 

「おうちに行こう」SNSアカウント


 
Twitter:@360VRat1
Instagram:@ouchiniikouhimesen

 
姫路を代表する観光スポットとして知られる姫路セントラルパークとの今回のジョイントを皮切りに、地域を活性化するご提案をアド広研ができるよう邁進してまいります。今回はアド広研が運営する360°VRホラーアトラクション「おうちに行こう」をご紹介いたしました。

 
ここまで読んでいただきありがとうございました。

アド広研 メディア事業部